シニア

一人で暮らすのが不安なら高齢者住宅も視野に入れておこう

介護が受けられる入居施設

シニア

終身利用が可能

介護付有料老人ホームは、入居者に対して食事の提供や清掃・洗濯、入浴時の介助などさまざまな介護サービスを提供する老人ホームです。施設によっては、医療サービスを提供しているケースもあります。一部にショートステイを実施している施設もありますが、介護付有料老人ホームは終身入居が原則となります。施設内では日常生活の世話のほか、多くの施設がサークル活動やレクリエーション行事などを提供しています。介護付有料老人ホームは基本的に民間事業者が経営しており、入居要件はそれぞれ異なります。利用が可能になるのは原則として65歳以上ですが、60歳から利用できる施設もあります。利用手続きも施設ごとに違いがありますが、ごく一般的な形としては、まず利用希望者が申込みを行った後、施設スタッフと本人・家族との面談、ケアプランの策定及び説明を経て、入居契約の締結という流れになります。正式な申込みの前に体験入居を実施している施設も多いので、参加してみると入居後の生活を実感することできます。なお、介護付有料老人ホームには要介護者のみが利用できる専用型と、自立者も利用可能な混合型の2種類があります。前者の場合は介護保険の要介護認定を受けている必要があるので、未認定の人は入居契約前に市区町村へ申請を行います。利用料の支払いについては、入居時に利用権を購入するタイプと、賃貸住宅のように毎月利用料を支払うタイプとがあります。前者の場合でも、光熱費や消耗品費、介護保険料の自己負担分といった支払いは毎月発生します。