男女

一人で暮らすのが不安なら高齢者住宅も視野に入れておこう

高齢者にも優しい選択

車いす

介護の事も考えておく

高齢者住宅はバリアフリーで高齢者にとって住みやすい環境が整っており、安否確認も毎日あるので安心して生活できます。しかし家賃やサービス内容は、高齢者住宅によって違いがあるので入居する前に確認しておくことが大切です。家賃に水道代や光熱費が含まれているかどうかや、食事はついているか、頼めば掃除などもしてもらえるかなど調べておきましょう。年をとると食事が楽しみという人も少なくないので、好みの味かどうか確かめておいた方が良いでしょう。サービスの他に立地も大切です。自然が多い環境で家庭菜園などを楽しみたいという人は、緑が多い場所に建っている高齢者住宅を選ぶと毎日充実して過ごせます。また買い物や観劇が好きという人は、にぎやかな場所に建っている高齢者住宅を選んだ方が良いでしょう。高齢者住宅への入居を考えている人は、健康で身の回りの事も自分で出来る人がほとんどですが、病気になったり要介護度があがった時の事も考えておく必要があります。高齢者住宅内には介護スタッフがいないので外部の事業者に介護を依頼しなくてはいけなくなり、要介護度があがると費用もそれにつれて高くなります。また中には介護が必要になると退去しなくてはいけなくなる高齢者住宅もあります。老人ホームと提携していて介護が必要になったら優先して移れる高齢者住宅もあります。また特定施設入居者生活介護の指定を受けているところなら、施設内で手厚い介護が受けられるので安心です。

注目を集めている民間施設

広島市には有料老人ホームがたくさんあり、その中でも住宅型有料老人ホームが注目を集めています。元気な高齢者でも入所しやすく、介護が必要になった場合には外部の介護サービスを利用することが可能です。生活支援サービスが充実していることから、身の回りのことができる高齢者であれば、自立した生活がおくれます。

介護が受けられる入居施設

介護付有料老人ホームは、原則として要介護認定を受けた人が入居できる老人ホームです。一部、自立者と混合で利用するタイプもあります。日常性格全般に係る介護サービスが受けられるほか、一部の施設では医療ケアも提供されています。

新しい環境を手に入れよう

自分の体が思うように動かない時に、その程度によって有料老人ホームを選定できます。介護の必要な場合や介護は不要でも食事の提供はしてほしい人は、受けるサービスが異なっていきます。香川県では住宅型と介護型の有料老人ホームを見学してもらい、自分に向いている施設に入居できます。